NO IMAGE

差し金(さしがね)

曲尺ともいいます。
L字形をした物差しで普通はステンレス製です。L字形の長いほうを「長手」といい、短いほうを「妻手」といいます。
◆使い方


① 垂直にせんを引く。
木材に線を引く(墨つけ)のに使われます。
長手と妻手が直角になっているので簡単に垂線が引けます。
② 角度が求められる
③ 等分線が引ける
例えば17cm幅の材料を3等分するとします。
割り切れないし、計算が面倒ですね。
差し金を使えば割り切れない数の場合でも簡単に等分出来ます。
まず、差し金のL字形の角部を木材の片方に合わせ、もう片方の木端に長手を目盛り18cmで合わせます。
この木材に対して差し金が斜めになった状態で、6cmづつの所に印を付ければ3等分できます。

便利ですね″さし金は!

広告