NO IMAGE

樫(かし)などの堅い木で作られた定規で、かまぼこ形の定規板に刃を付けた竿を通したものです。
線を引きたい木の端に沿ってケビキを引くことで線が引けます。
また、薄い板(3mm位まで)であれば、ケビキで同じ箇所を3回程引くことで引き割ることもできます。
また、定規板から竿を抜いて竿の刃の付いた反対側に穴をあけ、ここに釘をさしてコンパスとして使用することもできます。
竿が1本と2本付きとがあります。

広告