NO IMAGE

節約の中でも節電は効果が直接電気代を減らすことにつながるのでやりがいがあると思います。
◆ 節電による効果
節電により得られるものは、電気料金の低減だけではありません。節電による電力ピークカットにより火力発電所では化石燃料の消費量が減り、二酸化炭素の排出量も低減できるという副次的な効果もあります。
◆ 家庭でできる節電
冷暖房の節電
・エアコンの温度設定を控えめにする。(夏は28℃以上、冬は15℃以下)
・夏のエアコン(クーラー)使用時には、できるだけカーテンを閉めて直射日光の入室を防ぐ。
また、南向きの窓の外によしず、すだれ、植え込み(グリーンカーテン)などを設ける。
・掃除機やエアコンのフィルターをこまめに清掃する。
家庭電化製品の使い方
・冷蔵庫の開け閉めの頻度を減らす。
・電気ポットや電気炊飯器の保温機能を使用しない。(保温はけっこう電気使います)
・日中の照明は必要最小限にする。
但し、勉強や読書の時は照明を点けましょう。(視力が低下するほどの節電は止めましょう)
・テレビを見ていないのにつけっぱなしにしない。
節電タイプのエコ製品に買い替える
(エコポイントがもらえる今がチャンス)
・白熱電球をLED電球や電球形蛍光灯に取り替える。
・ブラウン管のテレビを、液晶テレビに取り替える。
・古いエアコンや冷蔵庫を、新しいものへの取り替えを考える。

・自宅に太陽光発電装置を設置する。
(初期投資は要るが、電力会社からの買電が大幅に減り節約になる)
暮らしの習慣
・使用していない電化製品は、主電源まで切って待機電力の消費を防ぐ。
・ACアダプターはコンセントにつないでいるだけで電力を消費するので使わないときはコンセントから抜いておく。
便利メモ:コンセントごとに電源スイッチが付いているテーブルタップを使用すると、いちいちコンセントを抜かなくても良いので便利。しかも頻繁な抜き差しによるコンセントの劣化を防止できます。
・掃除機は予め部屋を片づけてから掛ける。(掃除機のモーターを動かす時間が減り節約になる)
企業の節電(参考)
節電はもちろん家庭だけではなく、企業でも取り組んでいます。その一つに「電力ピークカット」があります。
私の職場の例をあげますと、夏の暑い盛りにはバンバン エアコン(クーラー)をつけている為、よく「ピークカット」の放送があります。すると、一時的(30分くらい)にエアコンや余分な照明を消して消費電力を抑えます。
また、洗面所やトイレには節電を呼び掛けるポスターが貼ってあり、日中は洗面所の電気はオフ、また夜でも誰も使用していない時は、トイレの電気もOFFにしています。
10年前とは違いエコに対する意識がみなさん向上してきていると思います。

広告