NO IMAGE

あなたは自動車のオイル交換キチンと行っていますか。
私はと言うと、通勤では自動車を使ってないため、オイル交換のチェックをつい忘れて交換時期が過ぎている事が多いです。
しかし、オイル交換時期の目安って、人によって言うことが違ったりするんですよね。
・カー用品店では5,000km又は半年でオイル交換
・ガソリンスタンドでは3,000kmでオイル交換
・自動車のマニュアルでは1万km又は1年でオイル交換
などとバラバラなんです。以前私は、マニュアルで1万キロとある以上そこまでは持つ筈。ガソリンスタンドや整備工場では、売り上げを増やす為に早く交換させるのだ。
と思っていました。
しかし、この考えは正しいとは言えないと最近いろいろな本を読んで思うようになりました。
マニュアルに書いてある1万kmとは最低限の基準という事らしい。
古い劣化したエンジンオイルは、粘性が低下し本来の役目であるエンジン内の潤滑作用や冷却、洗浄が充分に果たせなくなるようです。
これはエンジンを傷めるだけでなく、燃費にも影響します。
では、最適なエンジンオイルの交換時期は?
DIYエコのオススメオイル交換時期は…
ズバリ、5,000km
早い!もったいない!という声が聞こえてきそうですが、肝心なのは、エンジンオイルのグレードです。
決して値段の高いオイルでなく普通のグレードでOKです。
つまり、高級なエンジンオイルを長期間使うのではなく、安いオイルをマメに交換した方が良いということです。
価格が3倍するエンジンオイルが3倍長く持つかといったら、決してそんなに長くは持ちません。
それでは、おすすめの普通グレードのエンジンオイルは?
ズバリ「SG」クラスです(ガソリン車)。
上位クラスのSHやSJでも、もちろん構いませんが、コストパフォーマンスに優れたのはやはりSGだと思います。

広告